足関節科
 
 
足関節科は足、足首と下肢に焦点を当てた領域です。整形外科の延長として考えられますが、当院では一つの診療科として独立させ、専門家が優れた技術とサービスを提供しています。当院は足関節に関する様々ななトラブルに対し、全面的なサポートを行い、最短期間で治癒に導きます。
胡 宝彦(Hu Baoyan)医師

北京天壇病院に20年勤務し、人工関節置換手術をはじめとした、足に関する手術を3000回以上成功させてきた。これまでには、サンフランシスコのハイランド病院の足関節科に勤務し、その後ノースベイ足病医学センターにて整形外科の研究を続けた経験もある。習得した知識と技術を生かし、中国国内の整形外科手術の発展に貢献をしている。

整形外科手術、足部疾患手術、整形外科疾患、下肢骨折、脊椎骨折手術、後部減圧と骨折固定、腰椎椎間板と脊柱管狭窄症の手術などに長けている。