腫瘍科
 
 
癌という領域においては、高い医療技術だけではなく、治療を受ける患者様の感情を汲み取ることも重要です。当院の腫瘍科の医師達は診断・治療とともに精神面もサポートし、患者様に安全かつ安心いただける医療を提供しています。
趙 玉亮(Zhao Yuliang)医師

癌化学療法の理論と実践に携わり30年以上、多様で広範な臨床経験を積む。難治性疾患の治療に関する優れた知識を有し、化学療法のデメリットを最小限に抑えている。患者を第一に考えたガン治療法で、患者の延命と生活の質を向上させる取り組みを行っている。

専門は、難治性癌の化学療法、分子標的療法と細胞免疫療法(腫瘍治療のための臨床応用)、治療がもたらす重篤な副作用に対する医療的アプローチなど。



薛 鐘麒(Xue Zhonglin)医師

中国トップクラスの癌外科医師の一人、臨床経験は30年以上。各種癌治療の権威であり、乳癌の分野、とりわけ乳房切除術と乳房再建の領域で、特にその名が知られている。

大腸癌、肉腫、肝臓癌、腎臓癌などに関する深い研究と臨床を続け、それらに関する20数篇の学術論文や文章を発表している。またその多くは高く評価され、各賞を受賞している。