スポーツ医学科
 
 
北京普華国際診療部のスポーツ医学科は、スポーツの価値とそれが身体に与えるストレスについて深い知識のある専門家を有しています。専門家はパフォーマンス向上の方法、スポーツによる傷害の予防と回復などに関して解決案を提供します。
ニザー医師

2000年、シリアのアレッポ大学を卒業。臨床経験は12年以上で、救急や家庭医学の分野で活躍している。

欧州整形外科会および外傷外科連合会(EBOT)、ヨルダンボードによる認定、スイスの整形外科協会のメンバー。スポーツ医学の分野においても長年の経験を有し、米国スポーツ医学会議のメンバーでもある。

ニザー医師は整形外科・外傷外科とファミリー全科でダブルメジャーを取得。これまでに中国国内各地の国際クリニックにおいて医療総監として勤務。また僻地医療に従事した経験もある。救急医療と整形外科方面の論文を多数発表。

現在は北京普華国際診療部メディカルディレクター 。英語、アラビア語に精通するほか、中国語での会話も可能。