小児科
 
 
治療を行う際に医師と患者様との信頼関係を構築することは非常に重要です。とりわけ小児科においては、子供が「お医者さん」という言葉を聞いた時点で、すぐに子供から信頼を寄せられる状態になることが重要です。当院の小児科医は患者様との密接な信頼関係を構築しています。

何 立輝(He Lihui)医師

小児科主任医師。長年にわたる臨床経験により、国内外の小児科領域において広範な経験を積んでいる。中国国内トップクラスの総合病院や国際クリニックでの勤務経験があり、国際的なサービスの提供と英語による診療が可能。

瀋陽医科大学の元教授で、小児科分野を担当。豊富な臨床経験により小児科の診断と治療方法に精通。中でも乳幼児の発育、栄養、一般的な小児保健などの分野に長けている。

 
 
董 敏(Dong Min)医師

北京普華国際診療部小児科医師。1988年、瀋陽医科大学卒業、1992年より臨床小児科に勤務し、20年以上の実務経験を積んでいる。

予防接種、肺、消化器、循環器、泌尿器系および感染症を含む、乳幼児と児童に一般的にみられる各方面の疾病に対して豊富な経験を有している。

栄養学、乳幼児の成長発育などの領域でも豊富な経験の持ち主。特に乳幼児の発育に関する専門指導、児童疾病に対するケアに長けている。